やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

上書き

今朝の目覚めがはっきりしすぎた事について。
夢の中で映画を観ていたら玄関のドアを誰かが静にあけてたぶんその人は部屋を間違えたことに気付いたらしく無言で静にドアを閉めて出て行こうとしたけどウチのドアは閉まりが悪いのでちゃんと閉めるのにコツがいるから手こずってて結局強めに閉めてどこかへ行った。
というところで「誰か来た」と思って目が覚めた。
そしたら実際に、下のフロアに人が出入する音が聞こえた。
今朝は部屋の鍵はかかっていたから夢の中のようなことは実際に起こってはおらず下のフロアのドアの開閉音に反応したのだと思うのだけれど、
その音が実際に生じた時間と夢の中で再生された音に時間差があったのだろうか?
実際には一時的に保管された音とそれの解析ログから夢を作るライターの人が「ゆらぎ」を与える為、またはちゃんと現実に帰ってこれるための道標として仕掛けたものなんじゃないか?
そこで実際の音の記憶に味付けして追っかけ再生したんじゃないか?
しかし、実際のところ本当にその音があったのかを現時点で証明できないことからも創作を否定できないし実際にあったことを作り変えて記憶の上書きをやってるとしたら、
ワタクシは本当にイルのかしら?
@@@
sopranosが佳境すぎ。
かなり深みに落ちてる。
ちょっとスゴイよシーズン5は・・・・

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2021 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén