やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

出してますか登山届け。ついでに保険も。

登山計画書のオンライン提出を試す。

利用したのはコレ↓のPCサイト(スマートフォンアプリもある)
Compass コンパス~山と自然のネットワーク~

これまではwordとかの書式をwebからダウンロード→記入(word上で入力。地図はカシミールでルート作ってからPhotoshopで貼り付け用に加工)→印刷→当日登山口に設置してあるポストに投函 という流れで結構面倒くさかったのだけれど、予め記入すべき個人情報(連絡先、緊急連絡先、保険の有無等々)を登録しておけば画面の地図上でスタート地点と経由地点、ゴール地点をクリックし、それぞれの地点の計画時刻(標準タイムで自動入力される。
昼食や休憩時間を任意で調整可能)を確認、同行者の入力も可能で、特に説明書とか読まなくても簡単に届出できた。

だがしかし、「下山通知」に関する使い方の説明については探した。
要は下山後にアプリ又はメール又はPC上から「無事下山したっと」という意味の通知を行わないと一定時間経過後に登録した緊急連絡先とかへ連絡が行くみたい。

登山計画を提出すると送られてくるメール。

遭難や何らかのアレコレで下山できないという状況を早めに把握出来るので良い試みだと思うのだけれど、PCサイトの「使い方」が文章ばかりで非常に解り難い。
頭に一発フローチャート掲載しといてくれれば良いのに。
なんかお役所仕事っぽさを感じるのデス。(実際、長野県や群馬県といった自治体と連携してるみたいだし)

アプリのほうはGPSロガーからのコンパスサイトへの投稿が可能なSNS機能も着いてるみたいだけれど、そっちは興味無いから多分使わない。

実際にトレッキングに行き、下山後別のエリアをハシゴし、温泉に浸かってリラックスしてからiphoneが「フライトモード」のままなのを思い出しオンラインに戻した時点で下山から6時間以上経過。
コンパス側からの何かしかは特に無く、メールの「下山通知」を押したら「下山通知確認」のメールが届いて一連の流れは終了したみたい。

※本来は下山予定時刻から3,5,7時間後に下山通知の督促メールが届くらしいが、前日の夜餃子を喰いながら「明日は5時スタートしよう」と登山計画書では7時スタート予定だった時間を勝手に早めた(計画変更通知を行わなかった)ため、下山後6時間以上経過しても、届出に記載した下山予定時刻から2.5時間程度しか経過していないことになっており、督促メールを見ることは無かった。

※※天候や体調等で急な計画変更は良くあると思うのだけれど、電波の届かない場所だったり、電源消費を抑えるためフライトモードにしていたりで登山計画の変更に対処し難い場合はどうしようか。オンラインに戻すタイミングもあるけれど、ある程度GPSで登山口周辺を監視しても良いんじゃないかな?或いはsuicaみたいな非接触型の読み取り機みたいのが登山口に置いてあって、市バスの乗降みたいなことやってもいいのにね。要は安全のためなのだからさ。

コレまでの紙の登山届は、出しっぱなしで何かがあればポストを漁って該当者を特定し関係各位と情報共有する流れで、下山後に届け出者がなにかするわけでも無かったところを、オンライン届出にすることで「ちゃんと下山したよ」と「どこか」に伝わる訳で、悪いシステムではないのじゃないかしら。
下山通知にGPSログも添付して送っちゃえば良いとも思うし。その辺のログの集積を国土地理院のデータ修正に活用もされるみたいだし。

とはいえ、実際この「コンパス」はちゃんと機能しているのか運営が突然夜逃げしたりしないか、其処だけが今のところよく分からない感じ。とりあえず暫くは使ってみようと思うのデス。

あ、同行者も一緒に届出可能だけど、毎回入力するのはめんどくせいのでコンパスに登録をお奨めします。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén