やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

魚の眼

iPhoneの5sから11に替えたのでいろいろ差違があるものの使い勝手は慣れなので問題無しなのデス。

カメラについては確かに良くなってはいるものの、以前より気になっていた拡大したときのノイズが水彩画っぽくなるピクセルの荒さは「薄さ」にむりやり詰め込んだのだからどうしようも無いのでしょうね。この表現力だけは唯一の不満点かも。
とはいえ、拡大しなければ綺麗で手軽なので使い倒しますけどな!

先日八ッ場ダムでは二つ付いとるカメラの違いを実感しました。通常(広角)レンズ(26mm相当)と超広角の13mm相当レンズがついとりまして、カメラのアプリ上ではシームレスに切り替わって便利デス。

と言うわけで、撮り比べ(上:通常レンズでズーム無しと、下:超広角レンズ)してみた。blog掲載にあたりコントラスト調整(自動)と解像度調整の二手間だけ行っています。

撮影場所は同じでレンズの切替のみを行い数秒で二枚撮影。

ご覧の通り、超広角はわざとらしいけど使い方としてはGoproと同じく被写体(人)を入れつつ背景をダイナミックに収めたいというのに使うと良いのかもね。あと、若干通常レンズは暗めというかシアン強めっぽいけど、色調についてはPhotoshopで調整するから気にしにゃい。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén