やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

いいドキュメンタリーってなんだろ?

BBC制作の「モナリサの秘密」観た。
レオナルド好きとして何気なく選択したが、観る前に投稿レビュー見たら酷評だらけ。
主に、「モナリザって誰や?」と「後半のレオナルド人物史うとい」と「ドキュメンタリーとしていまいち」という評価が多いようだった。

不安だけど観た。
内容は本とか読んで知ってる部分が多く、真新しい発見はなかったが、電車の中でモナリザを観た感じを語ったオネイサンのコメントはおもろかった(興味深いの意味)。
普段からドキュメンタリーを観ないのでその善し悪しが判断できないが、ドキュメンタリーは真実を記録するものではなさそううに感じた。スポーツの中継と同じで”誰か”の意図した映像を観てるなぁって。サッカー中継なんてもろそうだし。
それを観た個人がそれについて考えるネタを提供してるとすればそれでいいのかも。
で、今日何を考えたかといふと、フランク・フルターの城に左右反転のモノクロのモナリサが飾ってあったとか、フランクもレオナルドもマッチョ好きだとか、あぶない刑事のタカとユウジが実際にいたら2005年は何をしてるかとか、4月から仕事無いなとか、「癒しのひざまくら」シリーズに「うでまくら」があってなんで背広着てるのか?とかどうせなら現実的に脱がせよとか、どうせなら足首から先の「しゃぶりまくら」「すりまくら」とかフェチものは欲しいかもとか・・・
@@@

んー、京都は氷点下らしいので風邪ひかんといてね。
v>210720

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén