やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

彼方五輪

そして今宵もスーパー大回転。
やはり生身で最速を競う種目は面白いね。
@@@
ケータイのバックパネルの時間表示を暗闇で振ると実際のフォントより大きくて見やすくなるのデス。
@@@
カーリングは前回トリノ五輪のときから面白いと思っていました。
実際、五輪後はやってみたくて練習場とかチームとかを検索してみたり。しかし、距離や時間からめんどくさくなってそのままスルーだったのよね。
そしてバンクーバーでも日本戦は観れるときに観ておりますが、正直言って他のトップチーム、例えばカナダやスウェーデン、男子の試合も見たいのよ。カーリングだけじゃなくて、他の競技も然り。日本が勝たない試合に興味はないし、そんなものより世界上位の争いが観たいんじゃボケNHKが!
ウィンタースポーツ人口の減少で悲鳴を上げてる各関係団体や協会、チーム等(マイナー競技だけでなく、アルペンスキーもだよ)もボサッとしてないで、派手にキャンペーン打ったり、あらゆる手を使って放送させたり人目に付かせるような努力を行えよボンクラ老人どもがぁ!
失礼、取り乱しました。
ちょっと「そり」関係で入ってくるニュースがアホらしくてさ。
カーリングの魅力は、数手先を読んで石を置いていく戦略要素と、必ずしも狙い通りに行かない投石の不確定要素のバランス良いからじゃないかしら。
チェスに例えられるようにパズルゲーム扱いなところ、どんな競技でもフィジカルとメンタルのバランスが重要とはいえ、カーリングに関してはアスリートとしては高齢の方が代表選手に少なくないことからフィジカルの重みは高くないことが予想されることから「スポーツなのか?」と思わざるを得ません。
ということで、次回五輪kら消えても驚かないけど、観れなくなるおはちと寂しいので、NHK教育の将棋お囲碁の間に1時間番組で放送してくらさい。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén