やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

ご無沙汰しております。

本日四月一日、長年連れ添った妻と離婚しました。

出逢いは学生之時分、サークルの打ち上げの三次会でOBの社会人に連れられて初めて入った場末のスナックでした。ホステスだった彼女はダルそうにくわえ煙草で水割りのお代わりを作り続け、合間に客のカラオケにあわせて適当にマラカスを振っていました。三次会で解散し泥酔した私は路肩の側溝にはまって寝ていたところを店上がりの彼女に介抱されそのまま既成事実を作られ翌週婚姻届を提出。妻はスナックでは二歳年上と言っていたのに実年齢は十歳もサバを読んでいたのは良い想い出です。

あれから三十三年が経ち子供は既に自立しブエノスアイレスで日本人観光客相手にデタラメなぼったくり観光ガイドで日銭を稼いで街娼をとっかえひっかえしているようです。実は会ったことのない孫が沢山いるかもしれないけど元気そうだからどうでもいいですが、女に刺されて親の私より早く死なないことを祈っています。

妻は十年ほど前からサブカルチャーに傾倒し何かを掛け合わせてはハァハァ言っており、自宅のトイレの本棚は日々薄い本が増加しています。終いには漫画の登場人物と結婚するから離婚しろと私に迫ってきました。最初は冗談と思い聞き流していましたが、ある日オリエ○ト工業というところから大きなダンボールが届きました。中身は等身大のひどく精巧な美しい少年の人形でした。それ以後妻の目には私は居ないものとして扱われ、食卓には美しい少年の人形を甲斐甲斐しくお世話する妻の姿が。私自身も出張と偽って相続した実家の山に籠もってソロキャンしながらキャンプ系動画配信などをしておりました。ちなみにコレまでの動画で一番PV数が多かったのはキャンプ中のテンガの使用レビューと事後処理方法のハウツーでした。

そんな事もあり、互いに納得の上で別々の道を歩いて行くこととなりました。
既に引っ越し先は決まっておりますので落ち着いたら改めてご挨拶させて頂きます。

それでは皆様、暖かくなってきましたがまだまだ昼夜の寒暖差がございますし、コロナ禍も未だ収束には程遠いですがご自愛くださいませ。






















嘘だけどな。


@@@

と言うわけで仕事も一段落したと思ったら新年度業務が昨日から始まってしまったけどちょっと余裕もあるのでぼちぼちblog更新再開するよ~

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2021 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén