やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

日本語タイトルが的外れすぎて絶望した!

「アマで買え!」みたいなイキってるのに肝心のアマゾンでは現在取扱無しwww
近くイベントやるので供給源を限定している模様。
で、供給源に発注したら直ぐに届いたぜ。送料無料だったw
イベント(オンライン)はアーカイブもしないっぽい。


で、以前から資源・人口・経済・安全といったキーワードから地域モビリティの再構築というテーマはすんなり入ってくるものではあったのだけれど、その行く先については全く考えがまとまらないし、この本の著者達が提唱している施策もなんか違和感あるのよね・・・・

週末にじっくり読んで考えてみる。










・・・・・・・・・さて。

いつのまにか【GT】の新シリーズが更新されとった。
何でタイトルが「LOCHDOWN」なのに「スコットランドツアー アメ車ってダメ?」という日本語タイトル付けるの?
もちろん本編で老害共が濃厚接触(笑)しながらキャンピングカーネタぶっ込んでるけどマスク着用が適当とかタイトルにそぐわない内容だけれど本当に言いたいことはスコットランドの美しい風景とかアメリカンマッスルカーかっけぇぇぇ!とかロックダウンでもジジイは元気デスとかそゆことじゃ無くて「中国」に対する皮肉だろうが!

と言うわけで、本国でサービスされていないはずの中国語が選択可能なamazonのささやかな抵抗デス?

話は変わるけど、先月アマゾンにログインしたら言語が「英語」に勝手に切り替わっていた。
即行で戻したけれど、その際に「amazon.jpで選択可能」な言語は「日本語」「英語」「中国語」だった。
なんで???


浸食されとるなぁ~


隣国ののことはとりあえずスルーして、内容はいつものスコットランドのド田舎風景自慢と40年前のアメ車をこき下ろすロードトリップなのデス。

見所は後半に参戦するフォードマスタングGT500(シェルビーこぶらw)が格好良すぎじゃ。

やはり1960年代後半のマッスルカーは美しいのデス。
あ、リンカーンコンチネンタルが馬鹿っぽくて普通に乗りまわしたいwwwww

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2021 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén