やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

1996年夏。私は軟禁されていましたw

【ネブワース1996】観たった。


昨夜はPCの前で寝落ちしてたのだけれど、今朝の通勤中に心当たりの無い「チケット買ったんだから今夜観に来いよな」メールが松竹から送られてくる。

想い出した。
土日に映画観ようと思って映画情報集めてたらネブワースが席ガラガラだったのでそのままポチったような気が・・・・
観たかったから良いのだけれど、行ってビックリ。予約画面でガラガラだったので中央付近の席を確保したら隣におっさんが既に座っていた件。お前、気を使って一席空けろよボケ。と思うも意外と人が入ってて驚いた。
見知らぬ他人が隣に座るとか嫌なのでこれからも一席空けませんか映画館さん?

それはいいとして映画の内容は「もどかしい」の一言。
音五月蠅い。常時音割れしているのはどうなんだよピカデリーさんよ!
あれ不愉快。
あと上半身裸になって両拳を突き上げて奇声を発することが出来ないとか魅力半減。
ついでにビール飲めないとか更に魅力半減。なぜか左隣に座った学生グループは缶チューハイ持ち込んで飲んでた。うまやらしい。

と言うわけで劇場での視聴はお薦めできないかな~
後で円盤買ったら自宅で楽しむとするさ~

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2021 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén