やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

撫 はなび 子

今年に入ってから度々このblogでも取り上げていた純日本製線香花火【ひかりなでしこ】を入手しました。
夜でも暑くて外に出る気もしないので、まだ火付けしてないのでパッケージを開けるまでをお楽しみくだされ。
1.なんか大雑把な和紙の箱

2.オールドローズっぽい色の和紙のより紐

3.桐箱が出てきた

4.桐箱の中は達筆なメッセージと注意書き(日本語・英語)、竹炭そして7本一括りにされた線香花火が5セット

5.【撫子】印がかわいいかも

パッケージから花火本体まで数種の和紙を使い分けているところは見所かも。
注意書きによると2~3年寝かせると馴染んで良いというのは面白い。
そのうち「何年モノ」とかいってビンテージになったりするのかしら。
花火は点火から燃え尽きるまで4つの状態に変化します。
【牡丹】→【松葉】→【柳葉】→【散菊】 と。
それぞれに趣があるのだけれど、柔らかな弧を描きながらもひと筋ひと筋がシャープで存在感のある柳葉がワタクシは気に入っております。
どうやら都内でも入手できるところがあるようですし、パリ○レの引出物として配る方もいるとかで、予約半年待ちとかいいながらも目にする機会はあるのではないでしょうか。
一度 御賞味あれ。
@@@

夏ばてのなつたん。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2021 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén