やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

冬の始まり

年が明けて、やっと僕の冬が始まったaltmanダヨ。
初日から微風快晴粉雪イェーイ!なんダヨ。

今回の「ゲレンデで飲みながら読みたい本のリスト」から選出された一冊は、上州の誇る文豪田山花袋の「蒲団」ダヨ。
語ってるオッサンのモヤモヤに微風快晴粉雪イェーイ!な雪上で思いを馳せるのは絶品かと存じるんダヨ。


<今回の反省点>
・スピードが乗ってくるとグーフィではコントロールできなくなってレギュラーにスイッチしてしまう。
・レギュラー側で滑っていると後足(相対的に右脚)の膝の内側に負担が大きい。昨シーズンも痛めたところであるのでフォームを見直せ。内に入りすぎてるのかしら?サポータ導入(プロテクタのほうが良いか?)
・脚力の低下。日々の運動が必須でしょ。
・11:40過ぎると食堂のテーブルが取り難い・・・
・帰り支度時の雪落し用のブラシが欲しい。
・温泉用に石けんタオルは持って逝こう。
・日焼け止めはこまめにnull。
<良かった点>
・ソフトブーツでもレギュラー側で滑ればショートカービングは楽にできるようになってた。
・バインにブーツセットするときに一度も座り込んで付けなかった。
・ウェアにnanoタンを入れるスペースがあって重宝した。
・ケガしなかった。
今年はあと何回滑れるかは解らないけど、兎に角、気持ちよく滑りたいのデス。
早くハードブーツを入手してアイスバーンをかっ飛ばしたい希望。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2021 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén