やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

B

家の中にある目障りなものを隠しすっきりおしゃれに見せる20のアイディア】が参考になる。
ボブマーリー的なものやってみたい。
@@@
ピェンローで締めに雑炊。
卵でとじないのが河童流らしいのでそれに倣う。
出汁が効いてて美味い。確かに、卵入れて味がふわっとしてしまうよりいいかも。
ベッタラ漬けと共に喰うのが定番らしいが、ウチにベッタラ漬けは無いので、塩で代用。
つまり、味が薄めになるので塩味を追加って意味なんじゃね?
とにかく、アタシ好みのアレンジも出来そうなので要研究として家鍋レシピに追加したい所存に候。
@@@
JOG847 世を欺く世論調査のテクニック】では朝日新聞をやり玉にあげて世論調査による情報操作の概要を伝えている。
文中にある「分母のとらえ方でデータを操作できる」というのはアタシも実感しております。昨年度はアンケート調査の解析業務なんぞを手がけていたので、如何に主観の入らないデータのまとめ方をするかに苦慮しておりました。しかも、施主側からは、恣意的な結果への誘導を示唆されるので、それとなく躱しながらwww
新聞等で世論調査記事なんぞ出ても、紙面の関係上その調査企画まで掲載されることは無く、記事執筆者(新聞社)のフィルタのかかった情報を摂取することになるということは注意されたし。
今でも「ネットニュースなんか読まないで新聞を読め」と説教してくる人はたまにいますが、結局のところ「欲しい情報」しか頭に入れてない時点で媒体なんぞどうでもいいかと。ネットの利点を挙げるのならば、調査企画や調査報告書まで入手出来る可能性が高いという点と、同じ記事に対して複数比較検討しやすい点。また、同じ記事を同じ執筆者でも時間経過で内容が変化する場合も多々あり、その履歴を検証なんぞしやすいことかしら。
勿論、紙媒体でも同様のことができるのだけれど、時間と労力を鑑みるに費用対効果と即時性からネットのほうが有用であると思うけどね。
子供の教育とかで「情報操作」をカリキュラムに取り入れた方が後の世のためなるかもね。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2024 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén