やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

そいが!(※長岡弁「そうですか」の意)

uk4637
二週続けて長岡に行くもあぶらげ買えず・・・
かろうじて開いていた駅の売店でレルヒさんカレーと浪花家の柿の種、極上吉乃川(純米)を入手。
いつ見てもレルヒさんは目が死んでるねぇ~。
このカレーのパッケージによると、越後もちぶた、上善如水(サッパリして華やかな香りをもつ水のように飲みやすい日本酒※少し飲み過ぎるので危険)、まいたけ、えりんぎがぶち込まれているらしい。
カレーから華やかな吟醸の香りするのか?と思ったけど、香辛料に負けてまさに水の如しwww
サラサラなスープにエリンギと舞茸の存在感強く、茸類が美味い。
べ、別に大して気にしてないのだけれど、製造者が愛知県の工場ってどうなのよ?
新幹線を降りると迎えてくれる目が死んでるレルヒさんと着ぐるみの織田裕二的なナニか。
Jpeg
フナッシーやドアラ的なはっちゃけ感が無いし、ぐんまちゃんのようなあざとさも弱く、東欧系の軍人がネタ元とか誰得なんだぜ?
まだ、川端康成をゆるキャラ化して、芸者の駒子をオプションにデフォルメした四十八手キーホルダーとか作ればアタシは買うんだぜ。
もちろんトンネルを抜けると雪国だった的サムシングな駒子ホール&200系ときのワイヒーなギミックとか。雪国特有の同棲率の高さを少子化のアンサーみたいな大義名分で新潟発のエログッズ作ろうぜ!
マストは吹雪の雪山遭難からの山小屋の一夜が明けて天候回復すると実は麓で全裸待機なのデスwww
てゆうか、上の写真右側にいるぐんまちゃんが、あwざwとwいwwwww

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén