やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

くーふーくー

滑ってきたよ。
6時頃の関東地方は快晴ナリ。

新潟群馬県境は雪が載ってるZE。

関越TNを抜けると雪堕ZE。

2009シーズンインは予定より1週間早い開場の田代スキー場。
駐車場を囲む山の木々が美しいZE。

ゴンドラを降りると鼻血が出そうな景色堕ZE。

コース中央の圧雪車が通った部分だけガリガリだったけどそれ以外の部分がパフパフパフで快感少年時代到来。

雪は付いているもののかぐら・みつまたエリアへの連絡はまだでした。

10時頃には青空も。

今回の旅のお供はウェアの胸ポケットに入ったpod&ベア。

昼には上がったのだけれど、下山すると雨混じりの雪に変わっていた。

田代は横に広いのですね。
【ゲレンデの感じ】
で、その横の移動がボードだと大変。
というのも連絡路の幅が狭いこととフラット(一部登り)な場所があり渋滞する。
また、コースが交差する部分が多く接触の危険は低くない。
パーク用の下地かもしれないのだけれどアイスバーン気味の凹凸は曇っていると見え難く緊張感ある。
コースの1本が短い。
リフトが遅い割にフード付きは1箇所なので風が強い日はキツイかもね。
ゴンドラ降りて直ぐの高圧線からのノイズはちょっとキツイかも。奥只見レベル。
リフト乗り場脇の喫煙所(皿あるだけ)は撤去してほしいな。あるいはもう少し置き場所を離して欲しい。
良いところは、新雪がキモチ良いことと景色良いこと。
かぐらへの連結によってこそ生きるスキー場なのかもしれない。
あまりスピードの出ないコースなので練習やウォームアップに良いのでは。
書き出すと悪い印象が多いのだけれど、満足度は高いのは風が弱いのと、激混みでは無かったのと、新雪、あとはアフターが良かったからか。
ちょっと旅程をまとめてくる。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2021 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén