やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

久々に餃子をつくる。

変態恐縮なのデスが、餃子は飲み物という日があってもいいじゃない。

というのも、先日怪しい餃子屋で喰ったニラの余韻が残っていたから。
それと、ネットでレシピを検索して「とりあえず作る」を実行。

ネットレシピ(クックパッドは見ません)をいろいろあたると、結構細かい分量や工程を説明している事が多くて参考になるのだけれど、めんどくせい

そんななか、結構いいかげんなレシピを公式に掲載しているのが「モランボン」。
焼き肉のタレではエバラ派かジャン派(モランボン)か血で血を洗う抗争とか全然してないけど、モランボンのレシピの要は「手作り餃子のもとを使え!」というもので、餃子のもとを使わないレシピも掲載しているのだけれど、かなりゆるい感じでめんどくさがりなアタクシは「これだ!」と思いましたよ。
とはいえ、「~のもと」は一切使ってないけどな!

割と衝撃的だったのは、キャベツの水分を抜かないこと。
モラ~の適当レシピによると「抜いた水分は野菜の旨味」だそうで、肉に味付けしてしっかり練ってから野菜はそのまま適当に混ぜろとの事。
確かに焼き上がりがパサつかないで良い感じに仕上がる。

余ったニラは翌日にニラ玉なのだ。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén