やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

むしろ外れの方が気持ち多め


丸○製麺の2019年夏限定メニュー「鶏チャーシューねぎだれぶっかけ(並)」を喰う。
不味い。

日々平々凡々と穏やかに暮らしておりますのでblogのネタなんて書けないことしかない事もあり、食べ物ネタに走り勝ちであることを否定しません。
ぶっちゃけ、不味い食事とか貧しい食事とか食事環境の悪いため味を楽しめないとか言う事多いデス。割合としては三割が「美味い~普通」で残りの七割が「不味い~嘔吐寸前」。不味さの内訳としては「チャレンジ」>「付き合い」>「体調不良」>「自爆」という感じ。
でも、「なぜ不味いのか?」をアレコレ考えるのは楽しかったり。

で、件のぶっかけだが、

1.味付けが濃すぎてつらい。特に酢の酸味と香りが強すぎてバランスが悪い。黒ごまも風味が飛んでるし歯触りが悪い。
2.鶏肉(胸肉)が硬く味が寝ぼけている。たぶん茹ですぎなことと切り方が悪い。
3.うどんがゴワゴワして無駄に濃い汁が絡むのも不愉快。

てな訳で「限定」に踊らされずに釜揚げでも喰えばよかったのデス。
仮に自宅で再現(採算度外視)するならば、ぶっかけにしないでざるうどんにして汁をつけダレとして、茗荷や大葉といったサッパリ系の薬味と水菜、焼いたししとうや茄子を添えると美味いしく頂けるのではないでしょうか。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén