やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

リアルな描写が可能だからって毛穴の汚れとか見せなくてもよくね?

積みゲーしてた【Horizon Zero Dawn】のコンプリートパックが税込み985円だったので買ったった。


当時は発売日に購入したものの忙しくて放置してましたし、登場人物の顔がバタ臭いというか不衛生で感情移入出来なかったのよね~
改めてプレイしたら面白いのな!
何より景色が綺麗で「行った気になる」のデス。
ゲーム内容はまだ触りなのデスが、ポスト・アポカリプスの世界で原始人並の生活をする人類がイノシシやウサギ、キツネなどの野生動物を狩りながら、ついでにメカメカしい獣を破壊し資源として再利用するサバイバル生活に加え、山賊や敵対する部族相手にヒャッハーするゲームだと思う。(今のところは・・・)

体高50mくらいあるメカキリンの頭頂部に乗ってぼけーっと周囲の景色を眺めて過ごすの楽しいw
※メカキリンは一定のルートをぐるぐる歩き回ります。(今のところは・・・)

そ言えば、操作方法が解らなくてパッケージ版の箱を開けたら、そもそも取扱説明書入ってないのな。「webで読んでね」という事らしい。今そこにある危機に対して弓矢の使い方が解らなくて乙ったw改めてオンラインマニュアルみたけど「L2でエイムしてR2で矢を射る」とか書いてないよね??それと、金策がさっぱりわからん。手作り風の部族毎の武器も特徴が解りづらいから更新出来ないのでイノシシが手負いのまま逃げてゆく・・・・・

追記
やばい。
面白れぇぇぇ。
草むらに隠れて口笛でメカを釣ってからの急所へ一撃が気持ち良すぎw立ちションしてる山賊を弓矢でヘッドショットとかww
囲まれると危険だけれど、罠を使えば上手く立ち回れるし、槍の弱攻撃と回避だけで近接戦闘も楽しいねぇ。テイム(ハッキング)したメカに乗って駆け回るのも、岩山をクライミングするのも新鮮な感覚だし、景色が綺麗、特に日の出日の入りは中々見応えあるのデス。

追記2
どうやら人間達(ほぼ原始人に退化)は、部族毎に選民意識や差別がはびこっており、「掟」とかシャーマニズム系の土着信仰が行動の規範となっているみたい。
主人公のアーロイ(赤毛の女性)は掟の外の者として、辺境部族出身者として差別されまくっているが、どんなヘイトもぶん殴って立ち向かう脳筋っぷりが素敵デス。
都会っぽい場所に赴くとさんざん「かっぺwww」と馬鹿にされるアーロイなんだけど、馬鹿にしている都会人も半裸だったりメカメカから剥ぎ取ったパーツ類をお洒落アイテムとして身体に貼り付けていて、プレイしているこちら側からみると「おまいら五十歩百歩じゃん」と思ってしまうのは制作者サイドのアイロニーなのかな~
アーロイは脳筋なクセにお人好しなので罵声を浴びせかけてきたオッサンの困りごと相談を解決したがったりしてちょっと心配になってしまいますw

ところで今更なんだが、このゲームのメインシナリオは孤児で脳筋なアーロイのルーツを探す旅っぽい。オープンワールドでウサギやキツネ、アライグマを狩猟するのが楽しくてメインシナリオがすすまないwww

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén