やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

「AあたまOおかしいZ全裸キャラ」の略ではない

数日前に発注したガンダムベースオリジナルのクリアカラー版【TR-6 ウーンドウォート】が届いたった。
早っ!!


てゆうか、ずっと言いまつがいしていたのだけれど「ウーンズウォート」ではなく「ウーンドウォート」なのね。
なんか「あいんずうるごーん」とも混同しとるし、歳だな~


パッケージも本体もちっさいのになんか重い。
密度高いのかなプラスチックのくせしてw

全体が半透明プラなので塗装はしないでそのまま組んでデカール貼ったらクリア塗装を吹き付けて完成でいいや。でも、先日のハイゼンスレイⅡラーを作ったときにやたらとパーツが余っているのでデコるもいいかもしれないw

ところで原作小説の【AOZ】を読み始めたのだけれど、主役が弁護士だった件。
罪状にあわせて話のポイントを絞り、かつ現在と当時(過去)が入れ替わりながら「非実在ガンダムさん」の謎に迫るという展開が、これまでの数々の主脈系ガンダムアニメシリーズにありがちな「ある日少年が行き当たりばったりで最新鋭モビルスーツ(ガンダム)を操縦して敵をぶっとばし、青臭いこと言いながら殺人を重ね英雄となっていく」という流れとは違ってて面白いな~

「非実在ガンダムさん」って何の事なのでしょうか???
謎が謎を呼んで最終回。
腹ぺこ大作ぅ!!!!(白目)

と言うわけで非実在ガンダムさんの正体が全く全然まるっと分からないからAOZ読み終わるまでウーンドウォートに手が付けられないや(棒)


で、AOZの小説に戻るけど「デラーズ紛争」というワードが何回も出てきて、どうやら一年戦争(初代)とグリプス戦役(Z)の間に起こったジオン残党によるテロとそれによりティターンズが台頭したという背景があるらしい。




・・・・・さて、一旦AOZ小説は脇に置いといて【0083スターダストメモリー】観て「デラーズ紛争とは何ぞや?」について学習しないとwwww

早速アマビデで観始めたのだけれど、内容全く覚えて無いけど観たことあるような無いような。【ポケ戦】と記憶が混濁しているのは理解しているけれど、少なくとも星屑の第一話は観たことあるような気がするけれど、デンドロビウム(GP03)とかノイエジール(α・アジールの親戚?)の記憶は全く無いので中盤以降観てないだけかも。

ま、欲望の赴くまま観たいもの観て、読みたいものを読み、知りたい事を知り、組みたいプラモを組むだけなのじゃ。
フヒヒヒヒひひひひひ・・・・・・・・・・・

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2021 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén