やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

旅と引きコモ林

十五年ぶりくらいに東京駅前の八重洲ブックセンターに行ったった。


リアル書店やう゛ぁいな。
その気無くてもいつの間にか本を何冊も買うてるw

で、久々にヒット。
まん○太郎先生がまだ生きてるのはこの本のおかげらしいww


世界の奇習については興味あるし観たいけど、ナイトスクープ的サムシングな「パラダイス」系は果てしなくどうでも良いのが残念。
それを差し引いても良書ダナー(棒


でもでも、旅に出たい欲はビンビンに反応するんだぜ~




最近読んだ漫画では原作者の実体験を綴った↓

危険な地域の飯ほど美味いらしい。
ちなみに原作者はキ○ガイのため、世の中には美少女しか居ないことになっているらしい。

まぁ、そんなことはどうでも良くて、世界がきな臭い(主に米国民主党の所為で)現在、旅に出たいじゃん。
海外とか行きたいじゃん。



そんな悶々とした日々を過ごしつつも、一方で引き籠もりたいとも思う訳で。

いろいろ参考になりまッスw
※サザゑさんが実は男という話ではない。

下巻が楽しみではあるものの「どうせトレイン・スポッティングてきなアレやろ?」と思わない事もないけどなw

アテクシ昔から「ひきこもりになりたい。ニートになりたい」と発言しとりましたが、実は揺らいでおりまして、なんか新しい飯屋を開拓するのが最近楽しいんじゃw
引き籠もってなんかいられないんじゃw
お外で美味しいもの(たまにクソ不味いもの)を喰いたいんじゃwww
とか、考えておりまして、ブレブレのぶれてる人生に候。





次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén