やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

一応道路系の仕事もしているので・・・

今週も笹子駅に始発で行く。
前回は【笹子駅から甲斐大和駅までクロソイド曲線碑を見に行く】という目的がありましたが、今回は笹子から甲斐大和まで一駅歩くなんてことはしません。
笹子駅から約1.5km。中央道沿い笹子トンネル坑口手前に新設された慰霊碑を見に行ってきました。ついでに富士山を見に。

例によってスマホのgeographicaによると・・・・

笹子駅スタート&ゴールで13.3km。
sunnto9のログだと・・・・

15.2kmの行程を5時間で歩いたった。

今回も地下足袋もといビブラムファイブフィンガーをお供に。

朝方は指先が冷たいwww
改めて言うと、岩は吸い付くようなグリップ力で歩きやすいが、今回のように前日降雨ありで湿った急勾配の土面では滑る。これはソールが薄いため表層しかグリップ効かないため。
とはいえ、日帰りだったら3シーズンはこれ一足で事足りるのデス。

今回のコースは前回の寂しょう尾根(バリエーションルート)に比べれば踏み跡は分かり易い。といっても人が少なくて踏み跡薄い方だと思う。GPSでこまめにルート確認は必要だと思うよ。
そして笹子駅から角研山まではほぼ土道(落葉堆積)で急勾配のため非常に滑りやすい。
角研山から本社ヶ丸、清八山までの尾根道は非常に気持ち良く歩けて楽しい。
なにより左手前方にずっと富士山を見ながら歩くのがブリリアントなのデス。

耐力に余裕があるのであれば直ぐ近くに見える三つ峠への縦走もやりたいさ~

富士山ポイントはいくつかあって、↑は本社ヶ丸から。
どや。

本社ヶ丸から清八への途中の岩場から。
どやw
富士山の左にあるアンテナ建ってるあたりが三つ峠らしい。ここから160分らしいから縦走できるぜ。翌日のこと考えなければwww

清八山からの展望はひとつ前の記事で見てね。
ついでに言うと熊に遭遇しただけじゃなくてこちらに襲いかかってきたという事態に結構驚いたのだけれど、他の登山者が居ないことにテンション上がって熊鈴を持っていたにも関わらずザックに仕舞ったままだったのは反省点かな~
後から環境省のマニュアルみたところ、熊(ツキノワグマ)は襲いかかってきても顔とか頭部に一当てしたら逃げるらしい。
とはいえ、ソロトレッキングで周りに人居ない状況で一当てされたら下山難しいだろうし、こっちは穏便に「見なかったこと」にしたいのに熊さんはチャージ体勢だし逃げ場ないじゃんw
「いのちだいじに」から瞬時に「がんがんいこうぜ」にコマンド切り替わったよ。
ストⅡで待ちガイルは持ちネタだったからカウンターのタイミングはバッチリだよね~
結果として怪我も無く日常を過ごしていますが、野生動物も山なのだと改めて思いましたとさ。

15kmのトレッキングでも身体は問題無く。むしろ気疲れしたかも。
これは週末にトラウマ残さないように笹子へ行けと言う事デスか?

今回の山行は寒かったこともあり水を200ml程度しか消費しなかった。
携行食もおにぎりを二個のみ。
でも15:00頃に宇新宿まで戻ってきたら腹減ってたので自宅近所の中国人がやってる餃子屋で餃子定食(餃子12個+ライス+スープ+小鉢)と生ビール喰ったった。

餃子「は」美味かったw
餃子を肴に飲むのにはいいかも。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2021 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén