やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

こどもの日

三年と二日ぶりに群馬と新潟県境にある稲包山に行ってきたった。(二度目)
天気良し。
谷川岳から浅間山まで三百六十度見渡せる山頂が気持ち良か~
谷川方向の稜線トレイルが一望出来てるっぽいでしょ。

いつものgeographicaのログ。
今回も奥四万湖(四万川ダム)の奥から稲包山のピストンで約5時間30分の行程。

sunntoのログ。
いつの間にか表示が3Dかつアニメーションになってて驚いたわw
見ての通りずっと尾根線を歩く。

三年前の5/3は結構雪が残っていて軽アイゼンを使ったのだけれど、今回は山頂付近に少しだけ残雪の上を歩く程度で軽アイゼンは使わなかった。
でも、山頂手前の急斜面の一部に雪が残っており、安全のため軽アイゼンの装着推奨かも。

また、赤沢山の巻き道(上図印部)の一部で地滑り跡があるため注意必要。

写真では分かりにくいけど、青線が登山道で赤色範囲が地滑り部。
地滑り部は若干ぬかるんでいる。
地滑りは表層のみで、直ぐ下にある岩肌が露出していたので気を付けてね。

その他にも倒木が多く人の少ないルートというのがよく分かる。
熊鈴鳴らしまくったので四つ足の気配は無かったのだけれど、野鳥は多かった。
四万はヒルが多いので有名なのだけれど、この日は気温10度超えくらいで乾燥していたのでヒルを見かけず。
五月後半以降は気温湿度が上がるのでヒルに注意。

法師温泉への分岐点にある四阿の火の用心フォント。
風雨で滲んだのかと思ったらファイヤー!な感じにデザインされとるwww
このフォント欲しいw

長袖着ていたけど暑かったから腕まくりしたら日焼けが痛い。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén