やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

縦走したばい

二日目。
ここから本番ばい。

夜明け前の3時に平標山乃家を出発。
整備された木道が霜やら朝露やらで滑るwww
そのためゆっくり平標山を登り仙ノ倉山へたどり着いたら一時間半も掛かってたわ。

4:40頃。
この日の日の出は5:39。
良か天気ばい。

仙ノ倉山を降りきったところにあるエビス避難小屋。
ここが意外と急登で逆ルートだったら心身ともにへし折られるかもw

エビス大黒の頭手前で日の出。
この瞬間360度見渡してもアタシしか居ないのよ。稜線の上に。

ちなみに上の写真撮ったのは前日の平標山乃家から見えた頭おかしい稜線の山の途中w

赤印のあたりwww
まだまだ先は長いのじゃ。


スタートから3時間経過。
やっとエビス大黒ノ頭へ。
中央やや左手に万太郎山(中ボス)、そして中央奥に本日の目的地谷川岳が見えるw
やっとルートの全貌が明らかにw


気持ち良い稜線が続くぜ~


振り返れば奴(仙ノ倉山)がいる。


本日の中ボス(万太郎山)。
登りきついねん。
右側の飛び出たところが痩せ尾根(岩)でタマヒュン案件。

ま、登るけどなw

かなりゴールが近づいてきたのだけれど、手前のピークが不穏すぎるぅwww

不穏なピークは本日のラスボス(オジカ沢ノ頭)。
手前の避難小屋で休憩す。

今回の反省点は靴。
長丁場になるからトレランシューズ(非防水)にしたのだけれど、朝露でグッチョグチョに濡れたwww
次はゴアテクスのトレランシューズ買うか~
ここで、靴下履き替えて再スタート。


ラスボスは一見穏やかな登りに見えるけど、すでに7時間以上歩いてからの長い登りがキツいっす。

とは言え、歩き続ければピークにあるオジカ沢ノ頭避難小屋が見えたw
ログを確認したら前の写真の位置から30分しかかかってなかったみたい。

避難小屋で休憩。

羊羹を美味いと感じるのは山ならではだよな~

肩の小屋が間近にw
てゆうか、トマノ耳オキノ耳ともに人だかり出来てるwww
平日なのにwww

お昼になっちゃったけど主脈縦走したった~
混雑している谷川岳はスルーして天神尾根からロープウェイ駅まで下山。

正直、この天神尾根下山がキツかった。
なんか混んでるし、岩ゴツゴツのアトラクション感が歩きにくいし、陽キャの登山デートだか合コンだかのキャピキャピグループの脇で疲労困憊の大荷物背負ったアタシが浮いてるのか沈んでるのかよくわからない状況だし、高度が下がったら超暑いし。
ロープウェイ乗り場に着いたのは14時だぜ。
11時間歩ききったった~

SUNNTOのログ↑



距離:17.45km
時間:11時間
累積上昇:1,508m
累積下降:1,981m
歩数:28,653

だってさ~
前日と合わせると27km程の山歩き堪能したばい。



何より嬉しいのが、群馬県境稜線トレイルが進んだことだな!
雪が降る前にもう少し伸ばしたいところだが・・・

さて、今回の縦走反省会は後日まとめるのじゃ。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén