やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

納涼肉襦袢祭り。

トマト少将と茄子型飛行船団ズッキーニ海戦会戦す。
茄子型飛行船の主燃料はエクストラバージンオリーブオイルとバルサミコ酢を4:6で混合し、赤岩塩を加えた特別製。
@@@
やっと10の位を一つ下げることができたんだよ。
食事制限というか、暴飲暴食を止めただけなんだけれど、50日ちょいで8kgの減量。
平均すると約-150g/日。運動しないで落ちるのだから、今までどんだけ不摂生していたんだよ。
摂取カロリーも平均1,000kcal/日程度と、一日に必要とされる熱量を下回っているものの、心身に影響が無いようなので無問題かと。むしろ、不思議なことに、昨年のような夏への憎悪を伴う酷い夏バテをしてないんだよ。
とはいえ、働き始めた頃に比べればまだまだ無駄肉が付いているので、今後も継続するのデス。
下のグラフは食事制限ルールを思い立ってからの経過。

食事制限ルールは3つ。
1.酒を控える
2.食べる量を減らす(1,000kcal/日程度)
3.三食食べる

あまり厳密にはやってないけど。
だって、たまには外食するし、酒も呑むし、仕事で食事摂れないことはよくあるもの。
上記グラフでの上下動がはっきりと行動を示していて面白いのデス。
増加に転じた時は外食や飲みに行き、減少した日は現場で外を歩き回った日と概ね一致するのデス。
もちろん、喰い過ぎた後の週は全体的に摂取量を減らす等のコントロールはしているのだけれど。
5kg減じた時点で腰周り、太もも回りが細くなったのは実感したものの、それ以後は小康状態が続いている。この下半身回りの肉を上手いこと減らすには運動しなければならないのだろうか?
ところで、この手法と結果については肉体的な成長の止まって久しい僕の身体について、自分で勝手に考えて勝手に実施していることなので、試してみようかと考えるなら、自己責任で。
ただし、現在進行形で成長期、或いは未だに身体的に成長する余地を残すひとは、このやり方は真似しないで欲しい希望。
身長伸び悩む子供を持った親御さんや、日本人平均身長くらいの女の子から「背を伸ばすには?」とか、よく聞かれる。
「牛乳を毎日2リットル飲め」とか言ってきたけど、本当は違うよ。
「細胞の欲するままに喰え。」が正解。ごちゃごちゃダイエットだ何だと言っていないで、喰えるときに喰えるだけ喰う。僕はそうゆうふうに生きてきた。
そして、喰い散らかした分が全て代謝に回っていた時期は過ぎ去り、肉の重りを体中に巻付け、その肉に阻まれて出来るはずの動作が出来ない絶望感から減量しようと思っただけなんだよ。フットワーク軽く生きるのに、無駄肉は要らない。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2024 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén