やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

仮設の架設?

エッフェル塔完成120周年記念、改装コンペの優勝案が公開」【Technobahn 2008/3/20 16:02】
19世紀に撮影されたエッフェル塔ができるまでの写真13枚」【らばQ 2008年04月30日 23:05】
@@@
ファサードの無い都市が
一は全
全は一
って感じの
都市を作っていくのでしょうか。
50/50ですな。

次へ 投稿

前へ 投稿

4 コメント

  1. mihoguma 2008-05-03

    エッフェル塔のテンポラリ帽子案がコンペで優勝というのはデマだったとセレロ社も自社HPで言っているんですが、なんで日本の建築関係のHPは訂正を入れないんですかね?あんまりマスコミで取り上げられていないんですが、結構東スポ的ノリな面は好きなんですが、世界的にそのフォルムが認知されているものを一時的にせよ変えちゃうってことは結構大きな問題だと思うんですが・・・?

  2. altman 2008-05-05

    mihogumaさま
    不謹慎ながらワタクシこの案嫌いじゃないデス。
    実際のところ実物を見たことないからということもあってよく知らなかったエッフェル塔について手持ちの資料なんかで調べてみる機会となって感謝しております。
    で、ワタクシとしては評価の軸は2つに絞ってみました。
    一つは「構造」「技術」という面で、もともと万博の記念碑としてのコンペで勝ったから作られたものであるということは、当時の「形態は機能に従う」という技術が飛躍的に発展していった時代の先端であったことと、コストとの折り合いがついたから其れが実現しているということ。そんなことから察するに、塔に作用する力と形態のバランスが良い構造物なんだろなと思うわけで、それを外力に対して不利になるような増築案を持ってくる際の力の解析方法に興味があります。
    二つ目は「心象」面で、世界中の人が一言あるのかもしれませんが、パリ市民又はフランス人がその是非を論じればいいかなと。何せ彼らのものなのですから。
    建築系HPに限らず「鮮度」の無い話題は更新されないのは残念ですが、そゆところを個人のブログが埋めていくものなのかなと思います。

  3. mihoguma 2008-05-11

    こんにちは~。すみません、コメント読めていたのですがちゃんとレスするの遅くなってしまいました、お許しあそばせ。コメント読んで、なんとなく「太陽の塔」がパリにたってるのを想像してちょっと笑ってしまいました。あくまで、愉快な気分になったということですよ~。
    セレーロの増築案、なんか見てると「人が風に飛ばされて下に落ちないかのう」「増築部分だけ円盤みたいに飛んで行きそうだのう」と文系丸出しの心配ばかりが募るのです(笑)。
    やぶはなさんはもっと科学的な解析などのアプローチでこの案件をご覧になっているのですね。実際問題、こういうののテンポラリーの増築って、世界的に例があるのでしょうかね。
    それにしても、この円盤のついたエッフェル塔はもう京都タワーにしか見えないのですが・・・。

  4. altman 2008-05-13

    ドイツ連邦議会のガラスドームとか、昔a+uって雑誌で見た崖っぷちに立つ古い教会を建物を保護するためにガラスでくるむとか、
    ttp://lllparopuntelll.blog118.fc2.com/blog-entry-317.html
    の増築とか、インパクトは弱いけど探せばいろいろありそうデス。

© 2021 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén