やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

白樺湖から登山口までの道路を突然鹿六頭ほど横切って車を止める。

白樺湖から蓼科山。
てゆうか、撮影時は気づかなかったのだけれど、中央の島に人が居るwww
山を見て「ヒャッホーイ!」とか叫んじゃったよwww

金曜日午後の松本出張を利用して翌朝蓼科山を歩く。

七号目登山口を5:01丁度にスタートし山頂まで90分(山と高原地図タイムは130分)、7:40にスタート地点の鳥居に戻る約5kmの道のり。

登山口の鳥居。登山届けポスト(右側の黄色い箱)もあるけど、今回はオンラインで届出したった。
道はほとんどレキか砂利。たまに残雪。
雪用にスパイク持参したけど使わなかった。
風強でガスってるけど、なんとか八ヶ岳方面見えた。
20190601_蓼科山 – Spherical Image – RICOH THETA

山頂は岩だらけで360度展望良さそうだけれど、ガスった。

下山後に朝食。
ビジュアル詐欺。
ごま油+天かす+あおさ+天つゆというありがちな貧乏飯或いは猫まんま。
まずくは無い。
けど、買うほどものじゃぁ無い。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén