やぶはな

Everybody Needs Somebody to Love.

ヘックス

先日蓼科山を歩くにあたってネットを徘徊したところ、頂上手前に残雪あって軽アイゼンあったほうがいいみたいな書き込みを見つけた。

軽アイゼンは買ったばかりだけれど、ビブラムファイブフィンガー(柔らかいから軽アイゼンすら着けられない)を試したかったのでトレラン向けのスノーギアをアレコレさがしたところ、「チェーンスパイク派」と「簡易な滑り止め派」の人達が居た。

普通のトレランシューズは辛うじてチェーンスパイク履けるけどビブラ~には美味く収まる気配すら無かったためお守り程度の感覚で滑り止め(上記の写真)を買ったった。

普通の靴にも簡単装着できるから一昨年の都内でも積もったときとか程度でも効果ありそう。
実際、手持ちのトレランシューズは上手くフィットして頼もしい。

問題はビブラムファイブフィンガーの方。
小指を外して取り付けると丁度良い感じなのだけれど、薬指が痛いし小指が超不安。
結局親指を外して他4本で固定に落ち着く?

実際のところ蓼科山では使わなかった。
多分ビブラ~のときは持ち歩くだけ無駄だと思うし、雪ならトレランシューズで行かない。

一応リバーシブルで、スパイクの着いてない方の面は粗面になっており「濡れ濡れの木道でも滑らない」らしい。
辛うじてそっちの需要はあるかも。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

CAPTCHA


© 2022 やぶはな

テーマの著者 Anders Norén